昔にくらべ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、焦ってしまいますよね。道行く若い人の肌に目がいってしまうと、血色も良く、ピンッと張ってシミ一つなく、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。「今からでも遅くない!」って一生懸命に若い肌を保持して、シミを今以上に増やさないようにしたいです。シミになる原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)といえば、UV対策の怠りや加齢によることが多いと聞くので、UV対策とエイジングケアを心がけます。

シワをつくらないためにも、メイクをした日は欠かさずクレンジングして下さい。そうしないと、お肌にダメージが残ってしまい、シワができる確率(宝くじに当るよりも交通事故に遭う方が高いらしいです)が高くなります。

また、顔を洗う場合には、洗顔料をちゃんと泡たてて、柔らかく洗って下さい。粗暴な洗顔や、肌荒れなどが、シワのもととなってしまいます。私は乾燥肌ですので、スキンケアにはオイルのものを使用しています。

オイルでマッサージしたり、オイルを使用したパックをしたり、また、クリームの代わりに普段からオイルを使用することにしているので、乾燥とは無縁の肌にすることが出来ました。

いつでもツルツルの肌になれてとても嬉しく感じます。

洗顔料を落としの腰があると肌荒れが起きて困るかも知れないので、すすぎを丁寧に行ないましょう。

洗顔が終わった後には、使用するのは化粧水や乳液など、保湿を完ぺきに行って下さい。保湿をしないことは、肌が乾燥してしまう原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)になってしまい、シワが発生しやすくなります。保湿をきちんとおこなえば、シワをつくらないための予防・改善となります。

シワが加齢によって増えていくのは仕方ありませんが、若いのにシワが多い、という人も確かにいます。どうしてシワができるのかというと、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になるでしょう。皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、シワはこうやって増えていくりゆうです。たとえば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、こうしてこの場所にいち早く、小ジワが出現してしまうのです。

また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大事な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸が減って行く事になり、これによってもシワ、たるみは増えていくことになるのです。顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはきれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

シワの原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)はさまざまありますが、要するに老化現象の一種であり、また紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)も大聴く影響しています。

できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)をカットできる日焼け止めを利用したり、日傘や帽子も使って一年をとおして紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)対策を行ない、日焼けしてしまったら、その日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行ない、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。

こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなります。気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々の仕事をこなしていたある日の事、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり貴方の顔を見て大変驚いてしまいました。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。

この衝撃の日以降、私は心に誓いました。

どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を大事にしよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。ビタミンCの美白効果をねらって、スライスしたレモンをお肌にのせてレモン果汁とオイルでパックする方法が流行ったこともありましたが、かえってシミの原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)を増やしてしまうので、もう誰も使っていません。レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)の刺激に敏感に反応する作用があるのです。

シミに有効な作用をレモンでねらうならば、有効なのは食べることです。女性のお肌の悩みで、特に30代、40代に多いお肌の不調のひとつが、「肝斑」といわれる症状です。

目の下、頬骨のあたりにほぼ左右対称にちょうどクマのような感じにできるシミのことです。

その原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)として、女性ホルモンと関係があるのではないかとされており、「肝」の字から、原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。肝斑の治療方法としては、トラネキサム酸を摂るとよいとされており、CMをご覧になった方もいるかも知れませんが、大手化粧品メーカーや製薬会社から、内用薬としてうり出されていますね。肝斑に関しては、よくあるシミ対策法は効果を発揮できません。

緑茶は、お茶の中でもトップクラスのカテキン豊富な食材です。カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用を補完する役割をしています。

美白を目指すのならビタミンCの力は欠かせないので、ビタミンCとカテキンを同時に摂っていくことで、お肌の新陳代謝を活発にして、メラニン色素(エウメラニンとフェオメラニンの二種類あります)が沈着することを結構抑えることができるのです。